ドメイン

イントロ

2種の肌種が混在してお手入れが悩ましい混合肌。
混合肌のお手入れも、キーワードは「保湿!」ということを知って、混合肌の人向けに保湿ケアにチカラを入れて作られたヤクルト化粧品のイキテルローションを使ってみました。
15日間使った感想のレポートです。

混合肌のお手入れって?

混合肌の私。
混合肌というと「乾燥肌+普通肌」「普通肌+脂性肌」「乾燥肌+脂性肌」と様々ですが。私のお肌は、「普通肌+脂性肌」の混合肌。
でも、お肌が乾燥する季節とか、会社の冷房がきつい季節とか、あとは、仕事が忙しかったり、睡眠不足だったり、生理の前後とかも「乾燥肌+脂性肌」になっちゃうんですね。。。

混合肌のお手入れって、けっこう悩ましいです。
まあ、お肌のコンディションが割といい「普通肌+脂性肌」の時は、
脂性肌のTゾーン部分に+アルファのケアってかんじで対応してますが。
お肌の調子が悪い「乾燥肌+脂性肌」の時。どうしても脂性肌のTゾーン中心のケアを日頃からしてるので、ついついさっぱりめのローションを使っちゃうと、乾燥しているUゾーン部分がカサカサで、乾燥が増しちゃうかんじになっちゃうんですよ。。。

この前、テレビで美容家の方が、「混合肌の人も、保湿!がケアのポイントです。」といっていました。お肌が乾燥すると、皮脂と水分量のバランスがくずれてしまい、部分的に皮脂が多くなっちゃうのが混合肌のようです。
そーでしたか!!てっきり、保湿は乾燥肌の人が特に気にすることかと思っていました。
おすすめコスメも紹介してくれていたので、しっかりメモしました。乳酸菌で有名な「ヤクルト」の化粧品の「イキテルローション」です。

乳酸菌は、おなかにいいというのは知っていましたが、肌の保湿にも効果的!だそうです。
ヤクルト化粧品は、乳酸菌は自社の強み!とのことで、他にも乳酸菌配合のコスメを出しているんですが、イキテルローションは、その中でも価格がお安いことも魅力です♪
ヤクルトの乳酸菌だったら、信頼感ありますよね。

ヤクルト化粧品イキテルローションって?

ヤクルトが長年培ってきた乳酸菌から開発した保湿成分を3種配合です。
乳酸菌が美肌にいいって発見したのは、なんと昔、まだヤクルトが瓶詰めだったころ、瓶を洗っている工場で瓶を洗う多くの方の手がすべすべだったことからだそうです。

私が惹かれたイキテルローションの特徴 ♥♪

  • 混合肌のお手入れによさそう
  • ヤクルトの乳酸菌由来の保湿力、試してみたい
  • ヤクルト化粧品の中では価格が安め
  • 無香料・無着色・弱酸性とお肌に優しい成分
    →もっと詳しく知りたい方はこちら

公式サイトで、キャンペーン中です。はじめて購入する方限定。
商品価格半額、送料無料で購入できちゃいます。この機会にさっそく購入しました。

思ったよりうるおう♪

ほとんどとろみがなくて、水のようなテクスチャーなので、
「これでほんとにそんなに保湿できちゃうの??」
というのが第1印象でした。
手にとった時のローションのテクスチャーがよかったので、
コットンは使わず、手で肌にのばしてみると、
スルスルーとよくのびます。

私が使ってみて気に入ってるところ ♥♪

  • 肌への吸収力がいい♪
  • だんだん肌がうるおうようになった
  • うるおうようになると、うるおいが持続するようになった
  • Tゾーンは、さらっとしてきた

使いはじめて、15日くらいです。最初は、肌に吸収されるかんじはすごくあったんですが、そこまで私の気にしているUゾーンがうるおった、 というかんじはありませんでした。。。

でも、せっかく買ったし、ヤクルトの乳酸菌は本ものよね、とか思いつつ、あまり期待しないで使ってたら、 Uゾーンのあたり、いいかんじにうるおってきたんです。あまりすぐに効果が出ちゃうより、こんな効果の出方の方が、お肌にやさしくて いいのかも、と思いました。

朝晩使ってますが、まだまだ使えそうなので、
この調子で、長い目でもう少し使っていってみようと思います。

混合肌が気になる方、あとは、乾燥肌の方も、使ってみてほしいコスメです♪